Wa-luck(ワラック)

2019.7.7
ワーク おたすけ

ほっこりんのお悩み相談室 -vol.1-

大望青年会ほっこりんのお悩み相談室

すべては神様からの贈り物

今月のお悩み相談者 20代女性

 
職場に「嫌な上司」がいます。みんなの前で私の欠点を挙げ、私の傷つくことを平気で言ってきます。私にも問題があるのかもしれませんが、我慢できず、ついイライラしてしまいます。けれど、何か言えば職場の空気が悪くなりそうで、何も言えません。こんな自分が嫌でたまりません。どうしたらいいでしょうか。

 
 
苦しい状況の中、これまでよく我慢してこられましたね。
自信のない部分をみんなの前で指摘されるのは、とてもつらいことですよね。
あなたがイライラしてしまうのも当然のことです。
毎日職場に行くのが、さぞ苦しかったことでしょう。
 
あなたはどんな中でも、周りの人を気遣うことができる「優しい人」ですね。
たとえつらい思いをさせられても言い返さないのは、自分のことより周囲の人たちを大切にしている証拠。それって、優しく気遣いのできる人でなければできない、素晴らしいことなんですよ。
あなたは決して一人ではありません。周りの人は、あなたが理不尽な中をグッとこらえて努力する姿を、必ず見ています。あなたが頑張っている姿に、勇気をもらった人は、たくさんいると思いますよ。
 
あなたのその優しさは、あなた自身の宝物です。その優しさは、これからも多くの人をたすけることでしょう。それにはまず、あなた自身が、自分が持っている宝物に気付くことが大切ですね。
 
では、そのあなたの優しさは、一体どこからやってきたのでしょうか。
優しさは、人から与えられないと、決して身に付くものではありません。おそらくあなたは、今日まで、心優しい人たちに愛を注がれて育ってきたのでしょう。あなたの優しさは、お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃん、兄弟姉妹やお友達という、あなたの身近にいる人たちがくれた贈り物。自分の長所に気付いたときは、それを与えてくれた人たちに感謝することが大切です。
 
人を思いやる優しさという宝物、それをくれたかけがえのない人たち。
あなたには、神様が素晴らしい宝物をたくさん与えてくださっているのです。
 
人はつい、「ない」ものにとらわれてしまい、すでに自分が手にしている喜びを見落としがちです。理想の上司じゃない、思った通りにいかない、だれもたすけてくれない……。もちろん自分にとっては、大きな悩みですが、あなたをいちばん苦しめているのは、その考え方。1割の苦労にとらわれてしまって、9割の幸せが見えなくなってしまう、というところにあるのです。
 
この世は、「心通り」の世界といわれます。
あなたがイライラ考えるほど、その心通りにネガティブなことが起きてしまう。
周りの人は、あなたの心の中を映し出す「鏡」のようなものなのです。
 
だから、悩んで苦しむよりも、顔を上げて、周りを見渡してみましょう。きっとあなたの周りには、楽しいこと、うれしいことがたくさん「ある」。あなたの味方になってくれる、優しい人たちが「いる」。探してみれば、あなたの周りはきっと、たくさんの喜びで溢れているはずです。「自分に与えられている素晴らしいもの」に気付くことで、感謝の心が生まれ、毎日が楽しいものに変わっていきます。
 
あなたは本当に素敵な人ですから、自信を持って頑張ってくださいね。