Wa-luck(ワラック)

2020.3.21
子育て

私の三ツ星絵本 -vol.73-

さんさい少年会私の三ツ星絵本

『生きる』
詩/谷川俊太郎
絵/岡本よしろう
福音館書店 1,404円(税込み)

 

内容紹介
小学生のきょうだいと家族が過ごす夏の一日を描いています。「生きているということ」「それはのどがかわくということ」詩だけではなく、イラストによって何気ない日常の一部分を切り取り、「生きる」ということについて考えさせられる一冊です。

絵本紹介してくれるのは・・・

山根寿美さん
(山口県在住、5人の子育て中)
「生きていること いま生きていること」。生きていることが当たり前ではないことだと、時には言葉で子供に伝えたいなと、自分に言い聞かせたい一冊です。

『だんまりこおろぎ』
作/エリック=カール
訳/くどう なおこ
偕成社 1,188円(税込み)

内容紹介
生まれたばかりのこおろぎぼうや。「ちいさな はねを こし・こし・こし でも あらら おとが でないよ うたえない」他の虫たちは、いろんな音であいさつしてくれるのに。こおろぎぼうやの成長を見守りたくなります。音が聞こえる仕掛け付き絵本になっています。

絵本紹介してくれるのは・・・

小阪淳子さん
(和歌山県在住、3人の子育て中)
虫の話だから子供は大好き。自然に物語に入ることができます。小さいコオロギが成長していき、本の最後には仕掛けもあり、大人も読んでいて楽しい絵本です。